ホーム >第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】候補絵本





「いちばーんのり」

ごはん村では毎朝たのしい運動会が…。ユニークな言葉遊びの絵本。

 

おかいみほ 作
1,200円(BL出版)

「イモリくんヤモリくん」

イモリとヤモリのちがい、水の生き物の生態がわかるお話絵本!

 

松岡たつひで さく・え
1,600円(岩崎書店)

「おもち!」

つきたてのおもちが食べたくなる、ページをめくるのが楽しい絵本。

 

石津ちひろ 文
村上康成 絵
1,400円(小峰書店)

「くいしんぼうのクジラ」

いただきますが大好きで、ごちそうさまが大きらいなクジラのお話。

 

谷口智則 作
1,400円(あかね書房)

「ココとリトル・ブラック・ドレス」

孤児院育ちのココ・シャネルが作ったすてきなドレスのお話。

 

アンネマリー・ファン・ハーリンゲン 作
川原あかね 訳
1,400円(文化出版局)

「ごはんのじかん」

ごはんいらなーい!そんな子もごはんの時間が楽しみになる絵本。

 

レベッカ・コッブ ぶん/え
おーなり由子 やく
1,300円(ポプラ社)

「これはすいへいせん」

最初の一文にどんどん文がくっつき長くなる“つみあげうた”絵本。

 

谷川俊太郎 ぶん
tupera tupera え
1,500円(金の星社)

「女王さまのぼうし」

女王さまのぼうしが風に飛ばされて……みんなが追いかけます!

 

スティーブ・アントニー さく
せなあいこ やく
1,400円(評論社)

「すきになったら」

「すき」という気持ちを知った全ての人へ贈る詩情溢れる愛の絵本。

 

ヒグチユウコ 作
1,400円(ブロンズ新社)

「すばこ」

初めてすばこを作り、森を守ったある男しゃくの本当にあったお話。

 

キム・ファン 文
イ・スンウォン 絵
1,500円(ほるぷ出版)

「世界は広く、美しい:地球をつなぐ色〈赤〉」

鮮やかに生きたいとねがう心の色、赤で世界の人と風景をむすぶ。

 

長倉洋海 写真・文
2,300円(新日本出版社)

「だれといっしょにいこうかな?」

雨の日のおでかけ。あかいながぐつ、あとは…だれといこうかな?

 

得田之久 ぶん
和歌山静子 え
1,100円(童心社)

「たんぼレストラン」

70超の生き物が画面に溢れる!食物連鎖を迫力の絵で伝える絵本。

 

はやしますみ 作・絵
1,300円(ひかりのくに)

「だんめん図鑑:どうなっているの?」

見る機会のないモノの断面56種。倍に伸びるページでワイドに公開。

 

断面マン(日本切断研究所)製作・監修
1,300円(小学館)

「どうぶつドドド」

ネズミから始まって小さい順に動物をずらっと並べてドミノ倒し!

 

矢野アケミ 作・絵
1,200円(鈴木出版)

「眠れなくなる宇宙のはなし:絵本」

人間は宇宙をどのようにとらえてきたの?読み始めたら眠れない!

 

佐藤勝彦 作
長崎訓子 絵
1,500円(講談社)

「ひまなこなべ:アイヌのむかしばなし」

人生に大切なことがつまっている先住民の知恵。美しい物語絵本!

 

萱野茂 文
どいかや 絵
1,400円(あすなろ書房)

「文房具のやすみじかん」

身近な文房具が、「かくこと」「消すこと」のしくみをご紹介。

 

土橋正 文
小池壮太 絵
1,300円(福音館書店)

「ぼくだってトカゲ」

トカゲから切り離されたしっぽの運命は?しっぽはどうなるの!

 

内田麟太郎 文
市居みか 絵
1,300円(文研出版)

「ボタンちゃん」

ブラウスから落ちたボタンちゃんが子ども部屋で出会ったのは…?

 

小川洋子 作
岡田千晶 絵
1,300円(PHP研究所)

「みずたまり」

雨上がりに見つけたみずたまりには、何が映っているのでしょう?

 

殿内真帆 作
1,200円(フレーベル館)

「みどりのトカゲとあかいながしかく」

トカゲと長四角のはげしい争いを描き、平和への道すじを示す絵本。

 

スティーブ・アントニー 作・絵
吉上恭太 訳
1,600円(徳間書店)

「もう、ねるんだってば!」

ねむたいクマとねむたくないアヒル。仲良しコンビのゆかいな絵本。

 

ジョリ・ジョン さく
ベンジ・デイヴィス え
金原瑞人 やく
1,400円(そうえん社)

「ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ」

本をクマに食べられた!? 中世フランスの実話に基づく楽しい絵本。

 

ケイティ・ビービ 文
S.D.シンドラー 絵
千葉茂樹 訳
1,500円(光村教育図書)