ホーム >第24回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】候補絵本





「あめだま」

不思議なあめだまを通して、少年の成長を描く心あたたまる物語。

 

ペク・ヒナ 作
長谷川義史 訳
1,620円(ブロンズ新社)

「おたんじょうびの2つのたまご」

女の子のビミョーな友だち関係をさわやかに描いた楽しいえほん。

 

ジェニファー・K・マン 作
石井睦美 訳
1,512円(光村教育図書)

「おなじそらのしたで」

おなじ空の下、誰もが日々を生きている。広い世界を感じる絵本。

 

ブリッタ・テッケントラップ 作・絵
木坂涼 訳
1,620円(ひさかたチャイルド)

「ガラスのなかのくじら」

知らないうちに自由を待ちのぞんでいる、すべての人へ!

 

トロイ・ハウエル、リチャード・ジョーンズ 作
椎名かおる 訳
1,620円(あすなろ書房)

「きょうがはじまる」

きょうは何をする?どこへいく?わたしだけの楽しい一日にしよう!

 

ジュリー・モースタッド 作
石津ちひろ 訳
1,728円(BL出版)

「きりんきりん」

一冊全部が「きりん」の詩と絵のすてきな「きりん」の絵本です。

 

武鹿悦子 詩
高畠純 絵
1,296円(リーブル)

「くらやみのゾウ:ペルシャのふるい詩から」

遠い国から来た大きな生き物。暗闇で触った人々はビックリして?!

 

ミナ・ジャバアービン 再話
ユージン・イェルチン 絵
山口文生 訳
1,512円(評論社)

「心ってどこにあるのでしょう?」

顔・胸・おなか・目?心っていったいどこにあるのでしょうか?

 

こんのひとみ 作
いもとようこ 絵
1,512円(金の星社)

「じてんしゃのれるかな」

男の子は、ふしぎな声に導かれて、さあ、乗れるようになるかしら!?

 

平田利之 作
1,296円(あかね書房)

「出発:から草もようが行く」

戦後まもない焼けあとの東京。M市めざして浩は出発しました――。

 

小泉るみ子 作・絵
1,620円(新日本出版社)

「しゅんかん図鑑:そうだったのか!」

ろうそくはどう消える?肉眼で見えない瞬間を切り写真絵本

 

伊知地国夫 写真
1,404円(小学館)

「大根はエライ」

日本の食卓の名脇役・大根の活躍と生き様をとことん考えます!

 

久住昌之 文・絵
1,404円(福音館書店)

「たくはいびーん」

いろいろな動物の宅配便屋さんで、荷物が大変身する言葉遊び絵本。

 

林木林 作
出口かずみ 絵
1,620円(小峰書店)

「たぬきの花よめ道中」

山のたぬきが都会へお嫁入り。道中は目を回すようなことばかり!

 

最上一平 作
町田尚子 絵
1,728円(岩崎書店)

「なずずこのっぺ?」

ひとつの花の芽を巡る昆虫たちの日常を、昆虫語で綴ります。

 

カーソン・エリス さく
アーサー・ビナード やく
1,728円(フレーベル館)

「なまえをつけて」

谷川俊太郎の詩でちひろの子どもたちがおしゃべりをはじめます!

 

谷川俊太郎 詩
いわさきちひろ 絵
1,512円(講談社)

「ねこはまいにちいそがしい」

人間のかぞくのために、いろんな仕事をしている、ねこの一日!

 

ジョー・ウィリアムソン 作・絵
いちだいづみ 訳
1,728円(徳間書店)

「バッタロボットのぼうけん」

世界中のジャングルを旅する気持ちになれる絵本です。

 

まつおかたつひで 作
1,620円(ポプラ社)

「ふねのとしょかん」

ふねのとしょかんは本の森みたい。楽しいあそびがいっぱいです。

 

いしいつとむ 作
1,404円(文研出版)

「へっこぷっとたれた」

ぷっ!と、へっこ(おなら)たれたのだあれ? わらべうたより。

 

こがようこ 構成・文
降矢なな 絵
1,026円(童心社)

「ぼくはアイスクリーム博士」

ぼくはアイスが大好き! 知るのも、想像するのも、食べるのも。

 

ピーター・シス さく
たなかあきこ やく
1,620円(西村書店)

「ママが10にん!?」

ママったらいつも「またあとで」。ママが10人いたらいいのにな。

 

天野慶 文
はまのゆか 絵
1,404円(ほるぷ出版)

「もぐらはすごい」

土の中でくらす、もぐらの体のふしぎがいっぱい!想像広がる絵本。

 

アヤ井アキコ 著
川田伸一郎 監修
1,620円(アリス館)

「わたしたちのたねまき:たねをめぐるいのちたちのおはなし」

自然の中で命がつながり、地球を育てていることを伝える絵本です。

 

キャスリン・O・ガルブレイス 作
ウェンディ・アンダスン・ハルパリン 絵
梨木香歩 訳
1,728円(のら書店)

※価格は税込み価格です。